仙台工科専門学校の5つの特長

ものづくりを仕事に。
独立・起業も夢じゃない。

業界のスペシャリストを目指し、確かな技術・知識を身につける。

【point 1】 建築・大工・測量・土木“ものづくり”に特化した専門学校

本校は、建築・大工・測量・土木が学べる「ものづくり」一貫校。全国に数校しかない測量専門養成施設の1つであり、東北では本校のみ※です。昭和46年開校から現在まで、数多くの卒業生を輩出しており、業界からの信頼も厚い伝統校です。
http://www.gsi.go.jp/PCOMMENT/SurveyAct030618_shiteiichiran.htm
 国土交通省国土地理院「国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設一覧」より

【point 2】 資格取得の優位性

本校では、業界で活かせる資格を短期間で取得を目指すことができます。大工技能学科は「建築大工技能士」の2級・3級を在学中に受験可能で、卒業後すぐに「2級建築士」を受験できます。建築デザイン学科は卒業後すぐに「2級建築士」を受験可能で、卒業後、実務経験4年で2級の取得を経ずに、「1級建築士」を受験できます。測量学科・環境土木工学科は「測量士補」を国家試験免除で取得できるなど、各学科で資格取得におけるメリットが数多くあります。

【point 3】 専任教員全員が有資格者 即戦力を養う充実した実習

本校の専任教員は全員、測量士や建築士などの国家資格保有者で、実務経験・教員経験も豊富。長年の経験と教育ノウハウが詰まった、建築・大工・測量・土木の各分野における充実した実習、実務に即した実習を通して、業界の即戦力を養成します。

【point 4】 仙台駅から徒歩5分 立地の良さと学習環境

本校のメインキャンパスは仙台駅から徒歩5分の好立地。製図室やCAD実習室などの設備も充実。また、主に大工・測量・土木の実習を行う「宮床実習場」には、大工実習棟や土木実習棟、実習で使用する各種機材、実験・試験装置を完備しています。仙台の中心で勉強しつつ、のびのびと実習を行える学習環境のもと、有意義なキャンパスライフを送れます。

【point 5】 普通高校出身、社会人の方でも希望の分野に就職可能

在校生の割合をみてみると、約80%が普通高校や商業高校、総合高校出身の生徒です。また、社会人を経ての入学生が多いのも本校の特徴です。出身高校や経歴に関係なく、基礎から勉強できるので、ゼロからのスタートでも十分希望分野に就職できます。

教員紹介

即戦力を養成する経験豊富な専任教員

校長 大友 康則

専任教員 担当 資格等
阿部 洋三 木造工作実習ほか 1級建築大工技能士
2級建築士
遠藤 幸男 建築構造ほか 1級建築士
鎌田 潤一 地形測量ほか 測量士
小池 廣二 応用測量ほか 測量士
今野 勝 道路設計ほか 豊橋技術科学大学大学院 工学研究科修士課程修了
2級建築士
測量士補
星野 直子 商業施設設計ほか 2級建築士
インテリアコーディネーター
升澤 清貴 多角測量ほか 測量士
米倉 雅真 木構造設計製図ほか 2級建築士

沿革

1970.12
宮城県知事から学校教育法に基づく各種学校として設置認可。
1971. 1
建設大臣から測量に関する専門の養成施設として指定。
1971. 4
東北測量専門学校開校。
1976. 3
宮城県知事から学校教育法に基づく専修学校(専門課程)として承認。
1989. 4
校名を東北理工専門学校と改称。
1995. 1
専門士称号付与認可。
2008. 2
学校法人北杜学園の設置校に加わる。
2009. 4
校名を仙台情報工科専門学校と改称。
2010. 4
デザイン単科の専門学校として東北一の歴史をもつ
「仙台デザイン専門学校」が学校法人北杜学園の設置校に加わる。
2011. 4
仙台デザイン専門学校の建築系学科を移行。
校名を仙台工科専門学校と改称。