文部科学大臣認定「職業実践専門課程」建築デザイン学科【2年制/男女・定員40名】

デザインセンスを多彩な実習で磨き、魅力的な提案で“夢”をカタチに

目指す職種
  • 建築士
  • 建築デザイナー
  • インテリアプランナー
  • 現場代理人(現場監督)
卒業後の
主な就職先
  • 建築設計事務所
  • 総合建設会社
  • ハウスメーカー
  • 店舗設計会社
  • 建築設備会社

建築デザイン学科の3つの特長

ポイント1
2級建築士取得を経ずに、実務経験4年で1級建築士にチャレンジできる!

本学科は1級建築士指定科目履修学科となっているため、2級建築士取得を経ずに、卒業後、実務経験4年で1級建築士を受験することができます。2級建築士は実務経験免除で、卒業後すぐに受験可能です。

ポイント1
いろいろな建築物の設計課題に、基礎・基本から取り組める!

住宅・店舗・公共施設・家具など、さまざまな設計課題に挑戦することで、設計に関するスキルを幅広く身につけることができます。手描きの製図やCADの操作方法も基礎・基本から学べるので、初心者の方にも安心です。

ポイント1
魅力的な建築物をデザイン・プレゼンできる力を習得!

カラーコーディネートの授業では、建築物をデザインする上で重要な要素の一つである「色彩感覚」を養います。ほかにも都市計画や福祉住環境など、建築に関する幅広い知識を身につけ、魅力的な建築物をデザイン、プレゼンできる建築士を目指します。

目指せる資格

国家資格 1級建築士
卒業後、実務経験4年で受験可能。
※本学科は2級建築士の取得を経ずに1級を受験可能。
国家資格 2級建築士
実務経験免除で卒業後、すぐに受験可能。
国家資格 建築施工管理技士
1級:卒業後、実務経験5年で受験可能。
2級:卒業後、実務経験2年で受験可能。(2級の学科試験は在学中に受験可能)
商業施設士
商業施設士補取得後、実技試験を受験可能。
商業施設士補
商業施設士補資格講習会を受講し、取得可能。
建築CAD検定
 

在校生インタビュー

建築とデザインの両方を仲間と楽しく学んでいます。

河内 麻理子さん

宮城県/宮城県名取高等学校普通科 出身

この学校を選んだきっかけと学んでいることは?

ものづくりが好きで建築にも興味があり、いろいろ学べるところはないかと悩んでいました。この学科は製図やCADはもちろん、カラーコーディネートなど、建築とデザインの2つのことを学べるので、自分にぴったりだと思い進学しました。卒業後、実務経験免除で2級建築士を受験できることも魅力的でした。好きな教科は表現技法です。自分の理想の家の家具の配置や内装を考えることで、どんどん夢が広がるのでとても楽しいです。今は2級建築士の資格を取得するための住宅設計の授業に力を入れています。プランニングから考えるのでとても難しいですが、出来上がった時の達成感があり、やりがいのある授業です。

この学校のいいところは?

クラスメイト一人ひとりの個性が強く、男女関係なく仲のいいクラスです。勉強熱心で同じ夢を目指しているみんなと、一緒に頑張ろうという気持ちにさせてくれます。校外学習では、実際に公共施設や住宅展示場に行き、授業で学んだことを照らし合わせて実感したり、意見を言い合ったりしながら学んでいます。球技大会などのイベントもあってとても楽しいです。先生方との距離も近く、生徒に対してとても熱心に指導してくださるので、分からないことは気兼ねなく相談できます。

注目授業

仕事の「いま」を学ぶ実習の多さが自慢。たくさんある注目授業をご紹介します。

イメージ写真
商業施設設計

物販店または飲食店などの商業用施設のプランニング、その施設を使用するターゲットイメージの構築を行います。

イメージ写真
表現技法

スケッチ表現や内装パースの描き方を学びます。

イメージ写真
建築設計製図

公共施設や商業ビルなどの大規模な建築物の設計にチャレンジします。

イメージ写真
建築測量実習

建築工事も土地の測量図がないと始まりません。測量機器の操作方法や測定した数値の計算方法を学びます。

イメージ写真
建築CAD演習

設計で欠かせないCADの操作方法を学び、パソコンでの図面作成を行います。

イメージ写真
住環境設計

敷地環境や家族構成などの条件をふまえ、住宅を設計します。

イメージ写真
カラーコーディネート

色の原理や表現方法について学び、組み合わせの選択など、配色の力を身につけます。

2年間の集大成!自由なテーマで卒業制作に取り組みます!

卒業制作では、建築士の仕事の流れを経験することができます。住宅・商業施設・学校など、自由にテーマを設定し、オリジナリティー溢れる建築物の設計に挑戦します。

1. テーマ・コンセプトの設定

「どんな人がどんな目的でその建築物を利用するのか」など、参考となる資料を収集・研究しながら、自身が設計したい建築物のテーマ・コンセプトをじっくり練り上げます。

2. 中間プレゼンテーション

設計してみたい建築物のテーマ・コンセプトが明確になった段階で行う中間プレゼンテーション。

3. 図面・パース・模型の作成

これまでの学習の成果を発揮しながら、平面図や立面図などの各種図面の作成、外観・内観パースの作成や着彩、建築模型を作り上げ、“夢”をカタチにしていきます。

4. プレゼンテーション発表会

教員や在校生の前で行うプレゼンテーション発表会。自身の“夢”を熱くプレゼンしながら、2年間の学びの集大成を迎えます。

イメージ写真

カリキュラム

基礎製図 木造住宅の図面を手描きで作図します。
都市計画 都市計画の基本的な要素、しくみを理解し、
都市の成り立ちやこれからの都市計画の課題を学びます。
建築文化史 西洋建築や日本建築の歴史を学び、建築の成り立ちを理解します。
福祉住環境 高齢者や障害者を理解し、住環境整備、設計時の配慮の必要性を学びます。

スケジュール

スケジュール

タイムテーブル(1年次時間割例)

タイムテーブル

専任教員からのメッセージ

基礎からていねいに、初心者の方でも理解できるよう指導します。

2級建築士 星野 直子

設計の仕事をするためには、製図の知識だけではなく、計画・構造・施工・法律など、建築に関する幅広い知識が必要です。建築デザイン学科では、初心者の方でも十分に理解できるよう、これらを基礎からしっかり学びます。住宅や店舗、公共施設など、さまざまな建築物の設計課題に取り組みながら、クライアントの希望、イメージを具体的にする確かなデザイン力、また、クライアントがワクワクするような、個性的で魅力的なアイディアを提供できる力を身につけます。