文部科学大臣認定「職業実践専門課程」環境土木工学科【2年制/男女・定員40名】

工事設計から施工管理まで幅広く学び、活躍の場が広い土木技術者を目指す

目指す職種
  • 現場代理人(現場監督)
  • 測量士
  • 土木施工管理技士
  • 補償業務管理士
卒業後の
主な就職先
  • 建設会社
  • 測量設計会社
  • 建設コンサルタント会社
  • 補償コンサルタント会社
  • 官公庁(公務員)

環境土木工学科の3つの特長

ポイント1
「測量」+「土木」の知識で、活躍の場が大きく広がる!

1年次は充実した測量実習を通して「測量」を学び、2年次には土木工事の設計や施工管理など、「土木」について学びます。このカリキュラムにより、測量会社と建設会社の両方面の就職が可能となり、将来の活躍の場が大きく広がります。

ポイント1
2年間の集大成「卒業研究」専門知識を強固なものに!

2年次の卒業研究では、自分の興味に合わせて2つの専門分野を選び、測量や地盤工学、建設材料など、これまでの学習とリンクさせながら深く学びます。大学にも引けを取らない研究内容で、2年間の総仕上げ、専門知識の定着を図ります。

ポイント1
業界必須の資格を取得!土木技術者としての“可能性”が広がる!

測量学科と同様に、測量士・測量士補は国家試験免除で取得できます。また、きめ細かい試験対策により、「2級土木施工管理技術検定試験(学科試験)」の合格実績も多数。業界必須の資格を取得し、仕事の幅、自身の“可能性”を広げることができます。

目指せる資格

国家資格 測量士補
卒業と同時に取得可能。(国家試験免除)
国家資格 測量士
卒業後、実務経験2年の申請で取得可能。(国家試験免除)
実務経験2年を経て本学科に入学した方は、卒業と同時に取得可能。(国家試験免除)
国家資格 土木施工管理技士
1級:卒業後、実務経験5年で受験可能。
2級:卒業後、実務経験2年で受験可能。
(2級の学科試験は在学中に受験可能。)
国家資格 土地家屋調査士
卒業と同時に測量士補を取得できるので、本学科は午前試験(測量分野)免除。
補償業務管理士
卒業後、実務経験4年で受験可能。共通科目の研修が7年間免除。

在校生インタビュー

幅広い知識を学ぶことで自分の可能性が無限に広がりました。

小野寺 匠仁さん

岩手県/岩手県立北上翔南高等学校総合学科 出身

どんなことを学んでいますか?

自分は工業高校出身ではないので、授業についていけるか心配でしたが、一から学べるのでしっかりと基礎知識を身につけることができました。1年次の測量の授業では、座学で学んだ内容を実習で行うことができるので、確実にやり方を覚えられます。2年次では、構造物や道路などの施工分野と、リサイクルや水環境などの環境分野を学び、毎日新しい専門用語が出てきて覚えるのが大変でしたが、常に新しいことを学べるので、新鮮な気持ちで取り組むことができました。実際に土木に携わってきた先生方の経験談を交えた授業は、仕事にどのように関係していくかをイメージできることがとても勉強になりました。

将来の目標は?

震災でさまざまなものが壊れてしまい、生活に必要な道路や鉄道などのインフラ整備に携わって、自分でも何か手助けできればと思いこの学科を志望しました。幅広く専門知識を学ぶことにより、自分の可能性が広がるのではという思いもありました。学んでいくうちに土木から不動産への興味が湧き、独学で宅建の資格を取得しました。どんなことでも学んだことは自分の糧になると思っています。今後は幅広い知識を積極的に身につけ、将来は独立したいと思っています。

注目授業

仕事の「いま」を学ぶ実習の多さが自慢。たくさんある注目授業をご紹介します。

イメージ写真
地盤工学実習

建設工事に伴う地盤の特性や強度を調べます。

イメージ写真
建設材料実習

建設工事に使用するコンクリートなど、材料の特性や強度を調べます。

イメージ写真
緑化工学実習

住宅庭園模型製作を行います。

イメージ写真
CADI・II

土木構造物の図面をCADを使って作成します。

イメージ写真
汎地球測位システム
測量実習

GNSS衛星を使った、最先端の測量技術を身につけます。

イメージ写真
地形測量実習

詳細な地図を作成するための測量技術について学びます。

イメージ写真
多角測量実習

国や公共の基準点を測定する測量技術を学びます。

卒業研究で専門分野を深く学ぶ。得られた知識は「一生モノ」!

2年間の集大成として取り組む卒業研究。これまで学習してきた測量、土木、環境などの専門分野について、さらに研究・調査を深め、土木技術者としてのスキルを高めます。

「測量・調査」分野

[地盤工学]

「土」の性質について研究します。道路や橋など、土木構造物は土の上に造られるため、土の性質を知ることは、安全に土木構造物を造り上げる上でとても重要です。

[測量情報]

1年次に学習した測量技術について、より深く学びます。測量による成果をもとに、土木設計が行われるという、実務的な流れを卒業研究で経験できます。

「施工・環境」分野

[コンクリート]

「コンクリート」についての理解を深めます。配合する材料やその割合をさまざまな角度から検証し、強度や耐久性に優れ、かつ経済的なコンクリートを追究します。

[緑化]

植物が栽培されている状態の観察や植栽に適した土壌管理、そして植物の組み合わせによる美しい風景の創出など、様々な事例を数多く学習します。

イメージ写真

カリキュラム

施工管理演習 2級土木施工管理技士の学科試験合格を目指します。
廃棄物処理・
リサイクル技術論
環境を考え取り組むリサイクルについて学びます。
道路設計演習 未来に続くこれからの道路を設計します。
補償業務 補償業務について各専門分野ごとに学びます。

スケジュール

スケジュール

タイムテーブル(1年次時間割例)

タイムテーブル

専任教員からのメッセージ

災害復興等で活躍できる人材を目指し、社会基盤を支える技術を学ぼう。

測量士 大友 康則

近年、地震、津波、洪水等の世界各地の災害のニュースを頻繁に見かけるようになりました。このような災害の後は必ず現状の地形の測量を行い、その地形図により新たな都市計画がスタートします。現在、社会基盤整備を行う測量土木業界では将来を担う人材を求めています。この技術を身に着けて大志を抱き、多くの人々のために社会基盤整備という大きな仕事をしてみませんか。活躍のフィールドは地球です。