メニュー

大工技能学科

2年制/男女・定員40名

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」
「匠」の技を極め、職人として、独立・起業を目指す

大工技能学科

目指す職業

  • 大工
  • 建築士
  • 現場代理人(現場監督)

卒業後の主な就職先

工務店 ハウスメーカー 建築施工会社 総合建設会社 建築資材会社


大工技能学科の3つの特長

POINT01抜群の実習環境で大工の“心”と“技”を身につける!

大工の技能を習得する「木造工作実習」は、広大な敷地の宮床実習場内にある、高い天井と大型電動工具が揃った、充実した設備が自慢の大工実習棟で行います。業界の方も驚くほどの実習環境のもと、大工技能を基礎から身につけます。

POINT02原寸サイズの2階建て模擬家屋建築に挑戦!

1年次の木造工作実習では、のこぎり、かんな、のみなどの大工道具、実際の現場で使われる各種工具の使い方を基礎から学び、2年次からは原寸サイズの2階建て模擬家屋建築にチャレンジ! 住宅建築の一連の流れを経験できます。

POINT03大工の技術はもちろん、建築分野の専門知識も習得!

確かな大工技能の証「建築大工技能士」の合格者を多数輩出。また、設計や施工管理など、木造住宅の現場管理に必要な専門知識についても幅広く学びます。2級建築士は実務経験免除で卒業後、すぐに受験可能です。


目指せる資格

国家資格建築大工技能士 在学中に2級・3級を受験可能。1級は実務経験6年で受験可能。
国家資格2級建築士 実務経験免除で卒業後、すぐに受験可能。
国家資格木造建築士 実務経験免除で卒業後、すぐに受験可能。
国家資格建築施工管理技士 1級:卒業後、実務経験5年で受験可能。
2級:卒業後、実務経験2年で受験可能。(2級の学科試験は在学中に受験可能。)

注目授業

仕事の「いま」を学ぶ実習の多さが自慢。たくさんある注目授業をご紹介します。

木造工作実習II

木造工作実習II

1年次で習得した技術を活かし、原寸サイズの2階建て模擬家屋建築に挑戦します。

  • 木造工作実習I

    木の特性を学習しながら、大工道具の使い方や木材の加工を実習を通して学びます。

  • 基礎製図

    木造住宅の図面を手描きで作図します。

  • 建築測量実習

    建築工事も土地の測量図がないと始まりません。測量機器の操作方法や測定した数値の計算方法を学びます。

  • 空間図法

    透視図を作成し、立体感覚を養います。

  • 木構造設計製図

    木造住宅の軸組(柱や梁などの主要な骨組)を計画します。

  • 建築CAD演習

    設計で欠かせないCADの操作方法を学び、パソコンでの図面作成を行います。


在校生インタビュー

夢は在来工法の家を建てること。充実した実習で、技術を自分のものに。

在校生インタビュー

この学校を選んだきっかけは?

父が大工として働く姿をかっこいいと感じ、この道を志しました。私はなかでも、在来工法、特に木造建築の技術を身につけたいと考え、さまざまな学校のオープンキャンパスに行き、この学校を選びました。決め手は、一番実習が充実していたことです。一軒家を建てられる規模の実習施設があるのは、日本でもほとんどないと思います。実習を担当している先生は、職人気質で、勉強になることがたくさんあります。本気で大工を目指したい人には、この上ない環境です。

おもしろい授業はなんですか?

木造工作実習はおもしろいです。授業で勉強したことをすぐに実技で試せるので、名称や構造も、実感を持って覚えることができます。思い通りに加工できないこともありますが、先生から丁寧なアドバイスをいただき、試行錯誤を重ねることで自分の苦手な部分が明確になり、上達も早いように感じます。私は将来、神社の屋根や大きな木造の民家などの施工に関わってみたいと考えています。オールマイティに学び、ひとつひとつ技術を自分のものにしていきたいと思います。

金田 永慎さん 福島県/福島県立平工業高等学校 出身


カリキュラム

建築計画 設計の計画の立て方、考え方を学びます。
建築文化史 西洋建築や日本建築の歴史を学び、建築の成り立ちを理解します。
建築構造 さまざまな構造の特徴や違いを学びます。
施工管理 建築物を造る過程の中で、最終段階である施工を学ぶことにより、施工管理の能力を養います。

年間スケジュール

スケジュール


時間割例

MON TUE WED THU FRI
09:00-9:45 建築計画 木造工作実習I 建築CAD演習 建築文化史 木造工作実習I
9:45-10:30
10:40-11:25 建築構造 建築材料
11:25-12:10
昼休み
13:00-13:45 基礎製図 木造工作実習I 情報処理 空間図法 木造工作実習I
13:45-14:30
14:40-15:25
15:25-16:10
  • 1時間ごとに休憩が入ります。
  • 試験前には、合格対策として授業が延長されることがありますが事前にお知らせします。

専任教員からのメッセージ

専任教員からのメッセージ

大工の技術、棟梁に求められる資質を、実習を通して身につけます。

木造工作実習では、大工道具の使い方や手入れ、墨付け、加工など、基本的な技術を身につけ、模擬家屋建築を通して、建て方、天井や外壁、内装の仕上げなど、住宅建築の流れを実践的に学んでいきます。また、棟梁に求められる資質である「統率力」「協調性」についてもクラスメイトとグループを組んで日々行う実習の中で養います。製図の学習も実践的に取り組みながら、住宅建築という「夢」を形にする感性・技術を兼ね備えた棟梁、建築士を目指します。

1級建築大工技能士 2級建築士 阿部 洋三